〒872-1501
大分県東国東郡姫島村2112-30
TEL.0978-87-2119
FAX.0978-87-2051
【ご注意】
※活き車えびとその他商品は一緒に発送できません。
※お支払いについて/請求書は商品を発送後、別便にてお送りしますので請求書到着後、10日以内にご入金下さい。



独特の文化が残る、伝説の島「姫島」


古事記の神話や、日本書紀の伝説に登場する瀬戸内海西端の小島「姫島」。
国東半島の伊美港より北へ6km、東西7km、南北4km、総面積6.85k㎡という東西に長い島で、中央に矢筈山266.6mがそびえ、西に達磨山105m、北に城山62mがてい立し、その中に村落がかたまっています。四面海に囲まれて水産資源に富む地形にあり、島周辺は魚の宝庫となっています。



 

交通アクセス
大分空港から伊美港まで車で40分
JR宇佐駅から伊美港まで車で40分
伊美港から姫島港までフェリーで20分









奇厳断崖の海岸線など、風光絶景で瀬戸内海国立公園の一環をなしています。
2013年9月24日、第18回日本ジオパーク委員会において、姫島は「日本ジオパーク」に決定いたしました。





観音埼黒曜石産地(国指定天然記念物)

アサギマダラ休息地







島の中央部南岸に広がるビーチは長さ500m。ビーチハウス、トイレ、シャワー、休憩室も完備されており、夏は海水浴で賑わいます。
また「きつね踊り」で有名な姫島の盆踊りは、鎌倉時代の念仏踊りから発展したものといわれ、アヤ踊り、銭太鼓、猿丸太夫など様々な伝統的踊りがあります。毎年8月14日~16日までの3日間行われ、期間中はフェリーの夜間臨時便が運航します。

海水浴場

きつね踊り